2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014'01.27 (Mon)

ニナの現況

1月25日、ニナ病院受診でした。

最近のニナのぴょんびょんと四肢で飛んで移動する所を動画で残しているのですが、
何故かパソコンに動画のみが取り込まれないのです(^_^;)

医師には待合室で移動するニナの姿は見てもらえたのですがね。


この数か月で歩き方が変わったことと、
昨年、脊椎のレントゲンの時に内臓に白く映ってたものがあったものの検査です。
昨年10月の様子は2013年10月検診をご覧ください。


先ずは聴診器を充てて・・・心音、肺異常なし。
触診・・・前脚の肘、足首あたりを触ると怒る。
体重9.45㎏、いい感じの数字が保ててます。
これ以上増えないように管理してくださいとの事。

血液検査・・・異常なし。
前脚のレントゲン・・・肘も足首も変形、骨棘が目立ち、とても痛い状態だろうとの事。

昨年10月検診時より様子見していた内臓のエコー検査。
昨年10月も胆石の疑いありでしたが、やはり胆石でした。

この胆石について、3か月前の血液検査も今回の血液検査にも異常が出ていない事や
食欲、元気ありなどを踏まえて今手術することは無いでしょうとの事でした。

もし、この胆石が悪さをしだした時の症状として、元気が無くなり食欲がなくなる。
血液検査で総ビリルビンという数値が上がるのだそうです。
今のニナの数値は0.3(標準値0.1~0.5)
また、黄疸が出るらしいので、特に白目などを気を付けてみておいてくださいとの事。

このままずっと症状でない子もいるでしょうし、
全身麻酔のリスク、術後の合併症などを考えると今、手術はしなくても・・と言われました。

飼い主がどうしても・・と言うのであればという言葉付です。

定期的に検診することにしようという事で、この胆石の話は終わり。


肝心な足の状態。
後ろ足はまだひっくり返りもないので、脊椎からの病気は今のところ無いでしょう。
ふらつきに関しては、単なる加齢によるものかも・・と。
引き続き後ろ足の状態は様子見。

前脚・・・レントゲン所見からして、よくこれだけ動けているな・・と言う感じだそうです。
温めてマッサージして、アイシングしてをやっていって、少しでも長い間、地に足を付けられるように・・との事。
(温めるのとマッサージはしていますが、アイシングはこの冬の間、やってない^^;)

温めるのは気持ち良さそうです(*^_^*)
小豆ホットパックちゅう

2014年1月26日ニナ
マッサージは本当に撫でるような感じでしかさせてくれません。
少しでも痛い所に手があたると、うぅっ!!と噛みつかれます(--〆)


散歩は行きたい様子であれば行く、ニナが歩きたがれば歩かす。
立ち止まり座り込むようであればカートに乗せる。
その際、なるべく草の上で歩かす。

前脚が硬直して曲がらないのは、自分自身の筋肉で関節をカバーしているらしい。
手術でプレートを入れた状態と同じですと言われました。
ニナ自身、作り上げた物なんですね。

『散歩はまだかいな』・・の怖いお顔(・。・;
怖い・・

緑地を向いて行くことが解ると、こんなお顔です~~^_^
散歩中~

公園でしばらくウロウロした後のお顔です。
おやついっぱいもらったのに・・
おやつをいっぱいもらったのに、
まだ、どこかでおやつが出てないか気になるニナパニ(^_^;)




***********************
以上のような事から、胆石は定期的に血液検査やエコーを撮る。
足腰の方は、ニナがストレスたまらないように散歩に行き(カート)
緑地の草の上で降ろし好きにさせる。
ホットパックやマッサージは引き続き。
(アイシングも出来るだけやるように)



飼い主としていろいろな思いが頭の中でグルグルしていますが、
ニナのストレス軽減を第一に考えて世話して行きたいと思います。





早く暖かくならないかな~~






13:12  |  健康に関する事  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ニナちゃん痛みがあるのは可哀相だね
おまけに胆石も。。
年取るといろんなところに症状がでるね
口がきけないから、、ほんと我慢している姿みると健気だわよ
痛みがなくなるといいね
v-286
古都子 | 2014年01月30日(木) 13:54 | URL | コメント編集

★古都子さんへ。

変形性関節症だから痛みを伴うのよね(+_+)
一時、痛みどめを飲ませたこともあったんだけど、
マッサージするとき等やはり触ると怒ってたところをみると、
あまり薬が効いてなかったのかもしれない。

変形が治るわけじゃないから、
薬を増やしてまで飲ませ続けるのもどうかと思い止めました。
サプリや筋肉の為に手作り(馬肉等)するぐらいなんです。

でも、
散歩には行きたがるし食べ物が絡むと良く動くし・・欲求の方が勝っているんでしょうね。

犬は痛みに強いと言いますが、靱帯断裂の時も痛がらずに判断に困ったのを思い出します。

ニナにとってどうしてあげる事が一番なのか?
試行錯誤しながら見守ったり介助したりしているのが現状です。

ニナパニかあさん | 2014年01月30日(木) 17:07 | URL | コメント編集

こんばんは。

ワンちゃんの病気の事が、
よくわからないのですが・・・
「痛い」って事が伝わって良かった。
少しでも、改善されるといいですね。
りん | 2014年02月09日(日) 23:50 | URL | コメント編集

★りんさんへ。

りんさん、コメントありがとうございます^_^

ニナの病気は前足の肘、足首の変形です。
人間の変形性膝関節症と言ったところで、痛いみたいです。
自分自身で関節の痛みをカバーするために周りの筋肉が頑張ってカチコチに固まってます。
人間のようにマッサージの施術を痛気持ち良いと感じてくれるといいのですが、
「ギャーウッー!!」と怒るので中々ほぐれてくれません。
またほぐれたら関節に負担がかかるのでしょうけどね・・(^_^;)

痛み軽減と鎮痛剤の関係、人間と同じく長期服用の副作用とか考えてしまいます。
少しでも体に負担なく痛みが軽減できるようにしてあげたいと思います。

ニナパニかあさん | 2014年02月10日(月) 09:24 | URL | コメント編集

こんにちは!!

コメント、ありがとうございますm(_ _)m

ワンちゃんも、人間と同じなんですね・・・
そう考えると、
痛みがわかる分、辛いですね(T_T)

お大事になさってください。
りん | 2014年02月10日(月) 12:44 | URL | コメント編集

★りんさんへ。

こちらこそいつも読んでいただいてありがとうございます^_^

犬は人間ほど痛みを感じにくい・・と言われてますが、
痛くないはずないしな・・と思って今の私にできる事をやるしかないですねぇ~(^_^;)

応援ありがとうございます~♡
ニナパニかあさん | 2014年02月12日(水) 09:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。