2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.08 (Mon)

細胞診検査報告。

昼間はまだクーラーがいりますが、朝晩の涼しさは有難いです。

ニナが気持ち良く寝てくれる気温、ワタシは寒くてがっつり布団被って寝てます・・


9月2日、採尿。
出来るだけ沢山採ってきてくださいとの事だったので、
大きなシリンジに目いっぱい採って持って行きました。

病院で遠心分離器にかけて細胞を集め、外部の検査機関に出すそうです。

その結果報告を9月5日夕方に電話いただきました。
先生曰く、この検査だけでの診断は、あくまでも参考ですから・・・と付け加えて。
「移行上皮癌」の疑い所見を書いてあるとの事を報告いただきました。

針で直接細胞搾取したわけじゃないから正確度はいかほどのものか解らないけど、
尿だけでもこんなんして解るんだな~と。

この時点で、ピロキシカムと抗生剤飲み始めて約1週間。
排尿の際、最後辺りにポトポトと落ちる血尿は続いているとの事を報告。

これは、膀胱の毛細血管が弱くなり傷ついているとの事で、
止血剤を出しますと。
状況は解るので、ニナは連れてこなくて良いですの事で、
翌日細胞診の報告書を見ながらもう一度説明があり、止血剤を処方して頂きました。
ニナの肉体的、精神的ストレスの軽減の意味もあり、どうしても連れて行かなければいけないとき以外は
報告と処置と薬の処方で飼い主だけ行きます。



止血剤の名前。
アドナ30mg・・・朝晩1/2錠。
真っ赤になるほどではないので、貧血にはなってないみたい(歯茎の色とか)
弱くなった血管を強くする薬らしい。
とりあえず1週間分。
効いてくれるといいなぁ~。

話が飛ぶけど、
オリモノみたいに見えてたもの、膀胱粘膜ではないかとの事だったけど、
ピロキシカムを飲み始めてから、あまり見てない。
陰部周りの毛がカビカビになってるのも少なくなってるような気がする^_^

話を検査に戻して・・^^;
外部検査機関からの細胞診検査報告書の所見には、
何やら難しい言葉や医療用語で良くわからないけど、
コメントの欄に
「細胞が非常に多く出現していますので、増殖は活発と考えられます。」とありました。

これって、進行が速いって意味なんだろうな~(+_+)

先生に聞いても、これだけは何とも言えません。。って(>_<)


今のニナを看てて、眼にも力あるし、パニムにはまだ突っかかって行くし、
何より食欲が旺盛である。

涼しければ息もしやすいみたいだし・・。


おしっこの異変に気づいたのが2月10日夜。
翌日病院に行き軽い膀胱炎との事で薬飲み始め、
何やかやといいながらも6ヶ月以上たっている。

ピロキシカムと抗生剤飲みだして3週間あたりで、
また超音波エコーを撮ってみるとの事だけど、

腫瘍があったのは何だったんでしょうね・・。
なんて事になったらいいのにな~~



今朝洗濯物を干してたら、ニナもベランダに出たそうにしてたので抱っこして出した。
お向かいのおばさまに「ニナちゃーん♪」と声かけてもらうと
声の方をすぐさま見るニナでした~~


パソコンの前に長く座っていると、
『うっうっ!!』・・・と。
起こせと言っております(^_^;)

起こした途端、おやつの方を向くんですけどね(笑)


こんな感じの経過報告でした~(^o^)

写真はいらんから、さっさとオヤツくだされCA3C1364.jpg







11:23  |  ニナの事  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。