2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014'12.16 (Tue)

ニナ&パニムの現状。

日曜日14日の夕方、ニナとパニムは久々の受診でした。

膀胱移行上皮癌については、
ちゃんとチッコも出てるし急激に腫瘍が大きくなってる様子は無いようで・・。

本当はエコー撮って腫瘍の大きさをみたかったんだけど、
腫瘍を小さくする薬、抗がん剤を飲ませているわけじゃないので
小さくなってる可能性は無いでしょうとの事でした。
今回は撮らなくても・・と。

ピロキシカムという非ステロイドの薬はニナの病気にあっているみたいで、
この薬だけは続けましょうとの事。

膀胱の毛細血管から少しずつ出ている出血。
止血剤を飲ませています。
これも効いているようで貧血も現れてないので服用続行。

抗菌剤・・これは長い事服用続けると耐性菌が出来るのでいったん止める事に。


クッシング症候群の方に関してはアドレスタンと言うカプセルを服用しています。

この薬に関しては、効いているのか?いないのか??もうひとつわからない・・。

医師は止めてもいいのでは?と言うが、
飼い主は今のニナの良い状態が急変したりするのが怖くてやめられません・・・と。



食欲もあり体重の減少も無く熱も無いので、
病状発覚からの期間からしたら上出来のニナの状態らしい。



ニナの治療に関しては、飼い主の意見変わらずこのまま緩和治療で行きます。
ニナの生命力は相当強いものをもってるみたいだから、
まだまだ一緒にいられる時間は長いような気がする^_^





パニムの左前脚のハコウについて。
散歩もしてない、家の中をウロウロだけ。

散歩したとしても数十メートル歩かせるのみ、すぐにバギーに乗せる。

数日置きに飲ませていた鎮痛剤がほぼ毎日飲ませるようになって1ヶ月過ぎた。

少しハコウが軽くはなるものの散歩なしでも少しハコウはある。



飼い主が触ろうが、先生が触診しようが痛がらない。

昔から人間には何されても唸る事もなく嫌がる事も無い。

脚を踏まれてもギャンとも言わない子なんです。


・・・で、鎮痛剤も止めて見ましょうとの事。

少しハコウしても痛みが無いのなら飲ます必要はない。

元々の原因であるかもしれない肩の靭帯。

手術して成功すればよいが年齢的にも相当な負担。

これは飼い主として悩むところだけど、多分手術しない方向性が強いかな・・。

触って痛がったりすれば、また考えも変わるんだけど。

どうなんだろう??

悩むところです。




ニナとパニムの現症状と現治療中です。



今のところ、2匹とも完全に治すための治療ではなく、緩和のための治療です。



このまま少しでも長くキラキラしたお目目と接していけますようにと願うところです。







09:17  |  健康に関する事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ここ数日、寒かったですね。

お体の方はどうですか?

負けない力強い目と食欲!を見ると自分の方がパワーをもらっている感じがします。

気ぜわしい年末ですが体調に気をつけてお過ごし下さい。
ふくみみママ | 2014年12月19日(金) 10:43 | URL | コメント編集

★ふくみみママさんへ。

ママさん、気にかけて頂きコメントありがとうございます。

ほんと、冬本番です、寒いの嫌いじゃない私ですが、今は人工股関節がまだなじんでないのでしょうね、朝一はロボットのような動きになっちゃいます(笑)

でも、他はすこぶる元気にやっております^_^

ふくみみママさんも風邪などひかないよう、体調に気を付けてくださいね。

ニナパニかあさん。 | 2014年12月22日(月) 09:13 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。