2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.15 (Wed)

ニナの病気あれこれ②

続けての更新になりますが、
ニナの病気あれこれ②です。

次におかしいなと思ったのが、唾液の多さ。
元々唾液の多い子でしたが、数年前から風になびく程でした。
その頃に見つけたのが
耳下にあるグリグリ。
そんなに大きくなかったですが両方にあって、
場所も人間で言うところのリンパが腫れたという場所だったので
病院で聞くことに。

病名は
耳下腺唾液腺嚢胞。
↓の図が解りやすいので貼りました。

daekisen.jpg

これはリンパ腫などと違うから様子をみましょう。
嚢胞の中の唾液を抜いてもまた溜まる・・と。
完全に採るには外科的手術で嚢胞ごと摘出いるのが良い。

命に別状ないのであれば、
他にも病気を持ってるニナに全身麻酔掛けて手術する勇気はありませんでした。
敢えて命に別状ないのに危険な目に合わせられない。
飼い主も医師も同じ意見でした。

この頃からだったのか?
もっと以前からだったのか?
特に夏場は呼吸が粗くて(パニムに比べたらすごい暑がってたし)

クッシングの定期検査のために、一時間ほど病院に預けた際に
医師に言われた言葉。
「喉周りがゼイゼイゴロゴロ言ってますね」
触診だけでは確定診断は出来ないけどを付け加えて「疑い」とつけられたのが、

喉頭麻痺の疑い。
これは難儀な病気です。
犬の喉頭麻痺

麻酔をかけて喉の酸素を取り込む弁の開閉を見ない限り断定できないと。
ニナは散歩もバギーだし、歩くという運動すらしてません。
でも、散歩前やご飯前、期待と興奮で呼吸が荒くなります。
勿論、暑さが一番の敵ですかね。

前脚の硬直もあるので、寝てる状態から上手く起き上がれません。
一生懸命起き上がろうとすることが呼吸困難になるので、
すぐに起こしてあげなければいけない生活です。

少し休憩します(笑)

この後、2月1日。
高度医療センターへいく事となります。






11:51  |  ニナの事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。