2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.20 (Mon)

ニナの病気あれこれ③処置Ⅲ


2月1日。

朝食抜き。
多頭飼いにとって片方の犬の食事抜きは辛いね。

午後の診察予約だったので、夫も昼からお休みを貰ってくれました。

高度医療センターで納得のいくまで話を聞いて、
私たちがどういう決断を出せるか?
想像できてなかったのでどのくらいの時間がかかるか解りません。
長時間の留守を想定して、
パニムにはオムツして留守番させることにしました。
パ二ムのおパンツ


↓の写真は、
医療センターへ向かう車中のニナです。

2017-2-1高度医療センターへ

目が覚めてる、ましてや車に乗ってる、少しは興奮もあるだろうに
何故か呼吸が凄く落ち着いてて、気になり振り返ってニナを見た時の写真です。
ぼぉーと外を眺めるニナ。
なんとなく
「いいよ、父さん母さんの決断したことに私は従うよ・・満足だよ」って
言ってるように思えたり
「私は大丈夫、息は苦しくないよ・・だから、麻酔なんかしないで」って言ってるかのようにも見える。

そう思えるのは私たちの気持ちが揺れ動いてた証拠ですね。

医療センターでは
喉頭麻痺と唾液腺嚢胞摘出の2つを並べて説明してくれました。

いずれにしても麻酔をかけての事だから、先ずは喉頭麻痺の疑いを診断するための検査が一番。

もし、検査麻酔でニナが戻れなくなったら・・・一番思うところ。
その時は、急きょ喉元に穴をあける。
穴は喉頭麻痺自体の手術の時に閉じる。

では喉頭麻痺の手術は?
常に気道確保した状態に門は開きっぱなしにする手術です。
(詳しく聞きましたが文字に出来ない^^;)

では、予後はどうなる?
凄く誤嚥しやすくなるので、誤嚥性肺炎とかで亡くなる子が多いとの事。

そんなぁ~~~(-_-;)

唾液腺を取るの問題ではないじゃないのと思いました。

ただ、医師は検査してみないと喉頭麻痺があって呼吸が苦しのか?
まさか唾液腺だけでこんなに苦しくなるものか??
解らないので順番としては喉頭麻痺があるかどうかの検査が一番。
次に喉頭麻痺の手術と唾液腺の摘出。

手術の時の麻酔は呼吸できるようにするわけだから、麻酔から覚める時は危なくない。
危ないのは術後の生活。

何回も書くようですが、危ないのは検査のための麻酔。
検査の時の麻酔にしても危なかったら穴をあけるなどの処置しますから、
はっきりは言わないが、亡くなった状態でお返しはしません・・・みたいな。

ここまで聞いて
夫婦の意見は一致で決まりました。

検査の為であろうが危ない橋は渡れません・・・と。

このまま帰るのも折角来たのだから、顎下の唾液を抜く処置をやってください。
抜けたら良し良し、抜けなくても仕方ないと思えますからと・・。

13:45  |  ニナの事  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★分かるわぁ

滋賀県でも、動物病院の高度医療センターといえば!
ネオベッツか、三重県の南動物病院(腫瘍分野が得意)。
最近では、岐阜大学動物病院。
レニは、南動物病院に脾臓摘出手術してもらったよ。

ああーー記事読んでて共感することがたくさん!
病気は違えども、セカンドオピニオンへ行っても
何が正しいのか分からなくなる気持ち。
せっかく予約したのに、手術しないと決断したら、
何となく先生がガッカリする感じ。

でも、この記事読んでて私も同じ決断をすると思います。
調べて欲しいし、調べるけど、危ない橋は渡れないし
そこまでして欲しいと、わが犬は望んでるのか!
自問自答するもんね。
人それぞれの決断があってもいいと思う。
皆同じでなくてもいいと思う。
でも、ニナパニかあさん家と同じことを私もしてると思うわ。
絶対、セカンドオピニオン行くし、先生の推奨する治療方針に
不安があったら、今回は断る。

写真でも分かったよ!
腫れがひいたのが。呼吸も楽になってよかったね。
決断は正しかったんやわ。
ハムミ | 2017年02月24日(金) 18:19 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。